スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヰタ・セクスアリス2

 小説は沢山読む。新聞や雑誌を見るときは、議論なんぞは見ないで、小説を読む。しかし若(も)し何と思って読むかということを作者が知ったら、作者は憤慨するだろう。芸術品として見るのではない。金井君は芸術品には非常に高い要求をしているから、そこいら中にある小説はこの要求を充たすに足りない。金井君には、作者がどういう心理的状態で書いているかということが面白いのである。それだから金井君の為めには、作者が悲しいとか悲壮なとかいう積(つもり)で書いているものが、極(きわめ)て滑稽(こっけい)に感ぜられたり、作者が滑稽の積で書いているものが、却(かえっ)て悲しかったりする。
 金井君も何か書いて見たいという考はおりおり起る。哲学は職業ではあるが、自己の哲学を建設しようなどとは思わないから、哲学を書く気はない。それよりは小説か脚本かを書いて見たいと思う。しかし例の芸術品に対する要求が高い為めに、容易に取り附けないのである。
 そのうちに夏目金之助君が小説を書き出した。金井君は非常な興味を以て読んだ。そして技癢(ぎよう)を感じた。そうすると夏目君の「我輩は猫である」に対して、「我輩も猫である」というようなものが出る。「我輩は犬である」というようなものが出る。金井君はそれを見て、ついつい嫌(いや)になってなんにも書かずにしまった。
 そのうち自然主義ということが始まった。金井君はこの流義の作品を見たときは、格別技癢をば感じなかった。その癖面白がることは非常に面白がった。面白がると同時に、金井君は妙な事を考えた。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://paro3day.blog4.fc2.com/tb.php/68-d1587a9b
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

openclose

最近のコメント

検索フォーム


Select Template

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のエントリ

プロフィール

paro2

Author:paro2

カテゴリ

親子カテゴリ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

P2フリーエリア

まるさんかくしかく

リンク

ブログ全記事表示

プラグイン説明上部

全ての記事を表示する

プラグイン説明下部

検索フォーム

フリーエリア

test

全記事表示リンク

Copyright © paro2
PAGETOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。