スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀河鉄道の夜3

コメント[有] トラックバック[有] ユーザータグ[有] テーマ[有]

 先生はまた言いました。
「ですからもしもこの天の川がほんとうに川だと考えるなら、その一つ一つの小さな星はみんなその川のそこの砂や砂利の粒にもあたるわけです。またこれを巨きな乳の流れと考えるなら、もっと天の川とよく似ています。つまりその星はみな、乳のなかにまるで細かにうかんでいる脂油(あぶら)の球(たま)にもあたるのです。そんなら何がその川の水にあたるかと言いますと、それは真空という光をある速さで伝えるもので、太陽や地球もやっぱりそのなかに浮かんでいるのです。つまりは私どもも天の川の水のなかに棲んでいるわけです。そしてその天の川の水のなかから四方を見ると、ちょうど水が深いほど青く見えるように、天の川の底の深く遠いところほど星がたくさん集まって見え、したがって白くぼんやり見えるのです。この模型をごらんなさい」
 先生は中にたくさん光る砂のつぶのはいった大きな両面の凸レンズを指しました。

paro2day - GreaseMonkeyの使い方

コメント

ドラゴン

 
ちょっと通りますよ

トランプ

 
こちらへ

白兎

 
帰りましょう

アリス

 
ふふっ

まとん

タイトルがありません。でも、大好き。

ホゲット

メールURLあり
明日は焼肉です明日は焼肉です明日は焼肉です明日は焼肉です明日は焼肉です明日は焼肉です明日は焼肉です明日は焼肉です明日は焼肉です明日は焼肉です明日は焼肉です明日は焼肉です。

一行。いっこう。いちぎょう。

ホゲット

メールURLなし
コメントですコメントですコメントですコメントですコメントですコメントですコメントですコメントです。

一行。いっこう。いちぎょう。
非公開コメント

paro2

カテゴリ

openclose

検索フォーム


Select Template

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

プロフィール

paro2

Author:paro2

ブロとも申請フォーム

P2フリーエリア

まるさんかくしかく

ブログ全記事表示

プラグイン説明上部

全ての記事を表示する

プラグイン説明下部

検索フォーム

フリーエリア

test

全記事表示リンク

ユーザータグ

金井湛君 先生の講義が面白い 何をでも哲学史 ほんとうに川だ fukumanai fukumu 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。