Paroday

ブログの説明文。テンプレートをあてて御閲覧ください。
 
ユーザータグ

金井湛君 先生の講義が面白い 何をでも哲学史 ほんとうに川だ fukumanai fukumu 

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
01
 

コメント[有] トラックバック[有] ユーザータグ[無] テーマ[無]

午後の授業
「ではみなさんは、そういうふうに川だと言われたり、乳(ちち)の流れたあとだと言われたりしていた、このぼんやりと白いものがほんとうは何かご承知ですか」先生は、黒板につるした大きな黒い星座の図の、上から下へ白くけぶった銀河帯(ぎんがたい)のようなところを指しながら、みんなに問いをかけました。
 カムパネルラが手をあげました。それから四、五人手をあげました。ジョバンニも手をあげようとして、急いでそのままやめました。
\ntest

text
関連記事
スポンサーサイト
    21:31 | Trackback : 0 | Comment : 5 | Top
 
27
 

第六条  警察官又は第百十四条の四第一項に規定する交通巡視員(以下「警察官等」という。)は、手信号その他の信号(以下「手信号等」という。)により交通整理を行なうことができる。この場合において、警察官等は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図るため特に必要があると認めるときは、信号機の表示する信号にかかわらず、これと異なる意味を表示する手信号等をすることができる。

2  警察官は、車両等の通行が著しく停滞したことにより道路(高速自動車国道及び自動車専用道路を除く。第四項において同じ。)における交通が著しく混雑するおそれがある場合において、当該道路における交通の円滑を図るためやむを得ないと認めるときは、その現場における混雑を緩和するため必要な限度において、その現場に進行してくる車両等の通行を禁止し、若しくは制限し、その現場にある車両等の運転者に対し、当該車両等を後退させることを命じ、又は第八条第一項、第三章第一節、第三節若しくは第六節に規定する通行方法と異なる通行方法によるべきことを命ずることができる。

3  警察官は、前項の規定による措置のみによつては、その現場における混雑を緩和することができないと認めるときは、その混雑を緩和するため必要な限度において、その現場にある関係者に対し必要な指示をすることができる。

4  警察官は、道路の損壊、火災の発生その他の事情により道路において交通の危険が生ずるおそれがある場合において、当該道路における危険を防止するため緊急の必要があると認めるときは、必要な限度において、当該道路につき、一時、歩行者又は車両等の通行を禁止し、又は制限することができる。

5  第一項の手信号等の意味は、政令で定める。

関連記事
    23:28 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
06
 

コメント[有] トラックバック[有] ユーザータグ[無] テーマ[無] 続きを読む

どっどど どどうど どどうど どどう
青いくるみも吹きとばせ
すっぱいかりんも吹きとばせ
どっどど どどうど どどうど どどう

 谷川の岸に小さな学校がありました。
 教室はたった一つでしたが生徒は三年生がないだけで、あとは一年から六年までみんなありました。運動場もテニスコートのくらいでしたが、すぐうしろは栗の木のあるきれいな草の山でしたし、運動場のすみにはごぼごぼつめたい水を噴く岩穴もあったのです。
 さわやかな九月一日の朝でした。青ぞらで風がどうと鳴り、日光は運動場いっぱいでした。黒い雪袴(ゆきばかま)をはいた二人の一年生の子がどてをまわって運動場にはいって来て、まだほかにだれも来ていないのを見て、「ほう、おら一等だぞ。一等だぞ。」とかわるがわる叫びながら大よろこびで門をはいって来たのでしたが、ちょっと教室の中を見ますと、二人ともまるでびっくりして棒立ちになり、それから顔を見合わせてぶるぶるふるえましたが、ひとりはとうとう泣き出してしまいました。というわけは、そのしんとした朝の教室のなかにどこから来たのか、まるで顔も知らないおかしな赤い髪の子供がひとり、いちばん前の机にちゃんとすわっていたのです。そしてその机といったらまったくこの泣いた子の自分の机だったのです。
 もひとりの子ももう半分泣きかけていましたが、それでもむりやり目をりんと張って、そっちのほうをにらめていましたら、ちょうどそのとき、川上から、

関連記事
    22:43 | Trackback : 1 | Comment : 4 | Top
 
05
 

コメント[有] トラックバック[有] ユーザータグ[有] テーマ[無]

金井湛(しずか)君は哲学が職業である。
 哲学者という概念には、何か書物を書いているということが伴う。金井君は哲学が職業である癖に、なんにも書物を書いていない。文科大学を卒業するときには、外道(げどう)哲学と Sokrates 前の希臘(ギリシャ)哲学との比較的研究とかいう題で、余程へんなものを書いたそうだ。それからというものは、なんにも書かない。
 しかし職業であるから講義はする。講座は哲学史を受け持っていて、近世哲学史の講義をしている。学生の評判では、本を沢山書いている先生方の講義よりは、金井先生の講義の方が面白いということである。講義は直観的で、或物の上に強い光線を投げることがある。そういうときに、学生はいつまでも消えない印象を得るのである。殊(こと)に縁の遠い物、何の関係もないような物を藉(か)りて来て或物を説明して、聴く人がはっと思って会得するというような事が多い。Schopenhauer は新聞の雑報のような世間話を材料帳に留めて置いて、自己の哲学の材料にしたそうだが、金井君は何をでも哲学史の材料にする。真面目な講義の中で、その頃青年の読んでいる小説なんぞを引いて説明するので、学生がびっくりすることがある。

関連記事
    22:08 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
28
 

ペットバトン

Q1 ペットを飼ったことありますか?
A1 ないです!
Q2 飼ったことある人は何?
A2 だから、ないです!
Q3 ペットといえば、どんな動物を連想する?
A3 やっぱり、再利用ですかねぇ・・・。
Q4 ペットとの面白エピソード!
A4 夢の中にもペットって出てこないんですよねぇ。やっぱり畳だからですかね。そういう夢設定ができる人になりたいです。
Q5 ペットにしてみたい動物は?
A5 作戦名:命を大事に
Q6 ペットを飼うならオス?メス?
A6 去勢がね・・・。
Q7 ついつい食べたくなるペットフードは?
A7 おもちゃと違って、ペットって基本的に食べられますよね。
Q8 ペットになれるなら、何になりたい?
A8 きゃっ
Q9 うちのペットのこんな特技!
A9 特技の中にペットがあるんです。
Q10 ペットに いざという時してほしい事は?
A10 やっぱり食べ
Q11 ペットに使う月々の費用は?
A11 ヒョー
Q12 珍しいペット飼ってる?タヌキやキツネとか。
A12 珍しい名前を聞いた方がいいのでは?
Q13 獣医さんにペットを診てもらったことある?
A13 獣医さんって、どちらかというとSだよね。
Q14 ペットに服を着せるのはどう思う?
A14 ユニークロ。
Q15 あなたのペットへの愛はどのくらいの大きさ?文字数限界まで語って♪
A15 ウォシュレットでうんこ流すくらいの大きさ。ウォシュレットでうんこ流すくらいの大きさ。

コメント[有] トラックバック[有] ユーザータグ[無] テーマ[有] バトン[有]

たしかにあれがみんな星だと、いつか雑誌で読んだのでしたが、このごろはジョバンニはまるで毎日教室でもねむく、本を読むひまも読む本もないので、なんだかどんなこともよくわからないという気持ちがするのでした。
 ところが先生は早くもそれを見つけたのでした。
「ジョバンニさん。あなたはわかっているのでしょう」
 ジョバンニは勢いよく立ちあがりましたが、立ってみるともうはっきりとそれを答えることができないのでした。ザネリが前の席からふりかえって、ジョバンニを見てくすっとわらいました。ジョバンニはもうどぎまぎしてまっ赤になってしまいました。先生がまた言いました。
「大きな望遠鏡で銀河をよっく調べると銀河はだいたい何でしょう」
 やっぱり星だとジョバンニは思いましたが、こんどもすぐに答えることができませんでした。
 先生はしばらく困ったようすでしたが、眼をカムパネルラの方へ向けて、「ではカムパネルラさん」と名指しました。
 するとあんなに元気に手をあげたカムパネルラが、やはりもじもじ立ち上がったままやはり答えができませんでした。
 先生は意外なようにしばらくじっとカムパネルラを見ていましたが、急いで、「では、よし」と言いながら、自分で星図を指しました。
「このぼんやりと白い銀河を大きないい望遠鏡で見ますと、もうたくさんの小さな星に見えるのです。ジョバンニさんそうでしょう」
 ジョバンニはまっ赤になってうなずきました。けれどもいつかジョバンニの眼のなかには涙がいっぱいになりました。そうだ僕は知っていたのだ、もちろんカムパネルラも知っている、それはいつかカムパネルラのお父さんの博士のうちでカムパネルラといっしょに読んだ雑誌のなかにあったのだ。それどこでなくカムパネルラは、その雑誌を読むと、すぐお父さんの書斎から巨(おお)きな本をもってきて、ぎんがというところをひろげ、まっ黒な頁いっぱいに白に点々のある美しい写真を二人でいつまでも見たのでした。それをカムパネルラが忘れるはずもなかったのに、すぐに返事をしなかったのは、このごろぼくが、朝にも午後にも仕事がつらく、学校に出てももうみんなともはきはき遊ばず、カムパネルラともあんまり物を言わないようになったので、カムパネルラがそれを知ってきのどくがってわざと返事をしなかったのだ、そう考えるとたまらないほど、じぶんもカムパネルラもあわれなような気がするのでした。

関連記事
    20:29 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
カテゴリ

openclose

最近のコメント
検索フォーム


Select Template
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のエントリ
プロフィール

paro2

Author:paro2

カテゴリ
親子カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
P2フリーエリア
まるさんかくしかく
リンク
ブログ全記事表示
プラグイン説明上部

全ての記事を表示する

プラグイン説明下部
検索フォーム
フリーエリア
test
全記事表示リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。