• 続きを読む
  • コメント[有] トラックバック[有] ユーザータグ[有] テーマ[無] 金井湛(しずか)君は哲学が職業である。  哲学者という概念には、何か書物を書いているということが伴う。金井君は哲学が職業である癖に、なんにも書物を書いていない。文科大学を卒業するときには、外道(げどう)哲学と Sokrates 前の希臘(ギリシャ)哲学との比較的研究とかいう題で、余程へんなものを書いたそうだ。それからというものは、なんにも書か... 続きを読む
  • コメント[有] トラックバック[有] ユーザータグ[有] テーマ[有]  先生はまた言いました。 「ですからもしもこの天の川がほんとうに川だと考えるなら、その一つ一つの小さな星はみんなその川のそこの砂や砂利の粒にもあたるわけです。またこれを巨きな乳の流れと考えるなら、もっと天の川とよく似ています。つまりその星はみな、乳のなかにまるで細かにうかんでいる脂油(あぶら)の球(たま)にもあたるのです。そんなら何... 続きを読む

paro2

カテゴリ

openclose

検索フォーム


Select Template

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

paro2

Author:paro2

ブロとも申請フォーム

P2フリーエリア

まるさんかくしかく

ブログ全記事表示

プラグイン説明上部

全ての記事を表示する

プラグイン説明下部

検索フォーム

フリーエリア

test

全記事表示リンク

ユーザータグ

金井湛君 先生の講義が面白い 何をでも哲学史 ほんとうに川だ fukumanai fukumu 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。